メンズ永久脱毛の痛みは快感?脱毛効果を出すためには必須

メンズ永久脱毛をするなら痛みはなるべく出ない方がいい

ほとんどの人はそう思うはずですよね。たしかに麻酔なども駆使して痛みは相当おさえこむことが可能です。でも、痛みが出るということはそれだけ脱毛効果が期待できることでもあるんです。

脱毛の痛みをゼロにすることも可能だけど…それは絶対にNG?

メンズリゼクリニック 口コミ

痛みをとにかく抑えるには麻酔を使用する、あるいはレーザーの出力レベル(ジュール)を落とす。この2つしかありません。麻酔は笑気麻酔とクリームタイプの麻酔があります。

笑気麻酔の濃度を濃くすること、麻酔クリームをたっぷり塗ることでその効果を高めることは可能です。それでも痛みを強く感じてしまったりするとレーザーの出力パワーを落として対処したりすることになりますが、パワーを落とすとそれだけ効果も減ってしまいます。

ですから、痛みを抑えるだけではなく耐えることも絶対に必要なんです。看護師さんが適切なジュールに設定してレーザーを打ってくれるのでなるべくなら、そのパワーを落とすようなことは避けたいところです。

脱毛の回数を重ねることで痛みを感じづらくなることも多いですが、やはり感じ方は個人個人で変わってきます。

やはり3回目でもヒゲが密集してる辺りは痛く麻酔は必要だと思いました。 しかし、ヒゲが薄くなったのか、痛みに慣れたのかわかりませんが、前回よりも痛みは比較的少ないように感じました。

じっくり麻酔を使用すれば、痛みは確実に軽減できるので毎回使用するのが良さそうですね。

照射する看護師の大切さ

メンズリゼ脱毛 口コミ

看護師の技術力はとても大切です。うまくレーザー照射されないと、照射漏れが起きてしまったりすることもあるので、患者さんにとってもクリニックにとってもマイナスでしかありません。

照射漏れの場合は無料で対処してもらえますが、その為の人件費もかかりますし、患者さんはわざわざもう一度照射を受けに行かなければいけませんから

かなりのストレスになりますよね…。

やはりレーザーをうつスタッフの熟練度はとても重要です。

メンズリゼのモニターブログを参考にしていると看護師さんに対する良い体験談が結構発見できます。

スタッフへのお褒めの言葉をいただきましてありがとうございます! メンズリゼは様々な治療を扱っていない脱毛専門の医療機関です。スタッフは新人研修の段階から脱毛の研修のみを徹底的に行います。 

※メンズリゼ公式サイト(モニターブログ)より

メディオスターNextPro、ライトシェアデュエット、ジェントルYAGなどの脱毛機器を使うのは看護師さんです。

医師が常にいることの安心感もありますが、医師がレーザー照射をしてくれるわけではありません。一人一人の照射スタッフがどれだけしっかり研修を受けているのかどうかが大事です。

たとえば、メンズリゼやゴリラクリニックなどのメンズ脱毛専門のクリニックは症例数も非常に多く、研修でも鍛えられています。

どんなに経験豊富な看護師さんであっても痛みは確実に出ますし、機種によっても痛みの出方は変わりますし、その日の体調によってもかなり変化します。同じ照射レベルであっても体調次第で痛みは違います。

少しでも痛みのリスクを減らしたいのであればしっかり麻酔を使用することが大事です。