【湘南美容外科のヒゲ脱毛前に】機械をチェック!※ジェントルレーズとは

湘南美容外科髭脱毛を考えている人はクリニックごとに設置されている脱毛機がすこし異なるので必ずチェックしておきましょう。実際に脱毛の予約をとる時に機械の希望があればしっかり伝えて「目当ての機種があるのかどうか」確認してから訪問した方がいいですね。

湘南美容外科で髭脱毛するときはジェントルレーズあるいはメディオスターで行う場合が多いのですが、ジェントルレーズとはどういった機種なのでしょうか。

ジェントルレーズの原理

ジェントルレーズ 髭脱毛

医療脱毛では知名度も高いメジャーな機種の1つでアレキサンドライトレーザーを使った脱毛です。湘南美容外科ではメインはこのジェントルレーズでの施術です。メラニンの色素を目がけてレーザーをあてます。

ジェントルレーズのデメリット3つ

湘南美容外科 髭脱毛 機械

ジェントルレーズは最も普及している機種で、湘南美容外科だけではなく、他の美容外科クリニックでも効果の高さは実証されています。ただ、万能ではありません。医師や看護師から説明を受ける前にデメリットもしっかり把握しておきましょう。

色黒や日焼けした肌には使用できない?

毛根にある毛乳頭(黒い部分)に強く反応するので色黒の肌や日焼けした肌には使用できない可能性があります。日焼けのレベルにもよりますが、このような日焼け肌には使用ができないみたいです。湘南美容外科 髭脱毛※湘南美容外科公式サイトより引用

肌を露出する夏場に脱毛をするときには要注意です。術後も日焼けは避けなければいけません。

白髪・金髪・産毛には効き目が薄い?

白髪や金髪、産毛には効果が薄い毛根の色が白くなってしまった白髪(しらが)や金髪には反応しません。産毛のような細い毛もメラニンが薄いので不向きです。介護脱毛など年齢を重ねてから脱毛を希望する人も増えていますが、この機械の特性は説明を受けるはずです。白人とか金髪が多い人には適していません。

濃くて太い毛には向いていない?

レーザーの深度に関してはライトシェアデュエットやYAGレーザー等と比較すると、やや浅いのでより濃くて太い毛を脱毛するにはメディオスター等の方が向いている可能性があります。ただその分、深度が深くなると毛嚢炎や肌荒れのリスクが上がるので、肌質などを考慮してもらい最適なマシンで処置してもらいましょう。

ジェントルレーズのメリット3つ

ジェントルレーズ 湘南美容外科

ジェントルレーズが人気の理由が分かります。

美肌効果もある

もともと肌に良く、肌荒れしづらいもともと美容目的でも使用されていたレーザーなのでシミやくすみ、毛穴を引き締める効果も期待できるとされています。

痛みが軽い

照射する際に冷たいガスが同時に噴出されるので、痛みを感じづらいです。医療脱毛は痛いイメージがありますが、しっかり配慮された仕組みになっています。肌へのダメージが少なく、毛嚢炎(もうのうえん)などの発生リスクも抑えられます。

施術時間が早い

レーザーの照射口は今までの機種に比べて大きくレーザーの乱反射が起こりづらく設計になっているので効率良くレーザーを毛乳頭へ届けることができます。

肌へのメリットも期待できるので女性の脱毛で特に人気が高いことが分かります。

ジェントルレーズが最適かどうかは分からない

個人の肌の状態や肌質によっても変わってくるので一概にアレキサンドライトを使ったジェントルレーズが一番とは言えません。万人に合った機種であれば新しいメディオスターなどの機器がリリースされることもありませんよね。

脱毛する部位や毛の濃さによってもレーザーを使い分けます。特に男性の濃くて太いヒゲに関してはジェントルレーズではなくメディオスターが向いている可能性もあるので医師とのカウンセリングの際にちゃんと見極めてもらうことが大事です。

湘南美容外科クリニックで髭脱毛できるオススメの院は?

SMC仙台院、新宿レーザー院、西新宿男性レーザー院、福岡レーザー院、湘南メディカルクリニック大阪院(大阪レーザー院)これらの5院はすべて男性専門のつくりなので女性とすれ違うことなどなく安心して通えます。

髭脱毛ではなくVIOなどのデリケートゾーンなどの脱毛で気になる人は考慮してもいいかも。