硬毛や増毛が起きやすいのはアノ部位?

脱毛を行うといくつか押さえておくべきリスクがあります。メンズ永久脱毛の代表的なリスクとしてはこれら3つでしょうか。

  • レーザー照射による熱さや痛みは必ずある
  • 肌がダメージを負うので一時的に赤く浮腫んだりする
  • 毛嚢炎(もうのうえん)が起きるとニキビのような見た目になる

さらに硬毛化や増毛化が起きてしまうリスクもあります。

え、脱毛なのに毛が増えるってどういうこと?

と不思議に思いますが実際に起こる可能性はあります。実は増毛化や硬毛化は部位によって発生する確率がちがってきます。

メンズ永久脱毛で硬毛/増毛はどこが起きやすい?

メンズリゼ 硬毛

硬毛や増毛はエステサロンの光脱毛(IPL脱毛)でも起きる可能性は十分にあります。

起きやすい脱毛部位は、二の腕(肘上)・うなじ・背中・おしり この4か所は硬毛のリスクは避けられません。基本的に毛が細いところが対象です。

硬毛や増毛化のメカニズムとは?

メンズリゼ 口コミ

永久脱毛して肌をツルツル、あるいは毛を大幅に減らすために通うわけですが…実は逆に毛が増えてしまうリスクもあります。これは脱毛サロンや医療脱毛を行っているクリニックどちらでも起こり得るもののようです。家庭用脱毛器のケノン等でも起きる可能性があります。

増毛化・硬毛化とは、レーザー照射を受けた部位の産毛が逆に濃くなったり、太くなったりする症状です。その原因には諸説ありますが、はっきりとした原因は未だ解明されておりません。

増毛化・硬毛化の可能性が高い部位として、うなじ・背中・二の腕・肩付近など、もともと毛が細く薄い部位での報告が挙げられています。

※メンズリゼ公式サイトより引用

発生する確率は少ないが、毛が濃くなる現象はゼロではありません。

硬毛の原因って本当に分からないの?

メンズリゼ 体験談 硬毛

はっきり原因が分かってはいませんが、細い毛(産毛)が生えている部分で起きることを考慮すると、レーザーがしっかり毛根へ伝わりづらいのも原因の1つでは無いかといわれています。

太い毛であればあるほど毛根(毛乳頭)も大きくアレキサンドライトレーザーなどが反応しやすいのですが、毛が細いと毛乳頭もしっかり捉えられず…弱い刺激しか与えられません。

この弱い刺激がメラニンを逆に活性化させてしまい増毛や硬毛を引き起こしている可能性があります。

硬毛や増毛が起きてしまったら?

メンズリゼ 硬毛

基本的に増毛や硬毛のリスクを明記して保証してくれる脱毛サロンやクリニックは非常に少ないです。その数少ないクリニックの1つがメンズリゼです。

万が一、メンズリゼのレーザーによって増毛化や硬毛化が起きてしまった場合には、無料で1年間の再照射を行える保証があります。この硬毛化に対する保証制度をハッキリと明記しているのはメンズリゼのみです。

再照射の場合は、前回よりも強い照射パワーで行うことが多いみたいですが、経過などを見て看護師さんの判断に任せるしかありません。あるいはレーザーの機械を替えて照射することもあります。機械が変わればレーザーの波長も変わるので、硬毛化する可能性も変化します。

二の腕やうなじ・背中の脱毛を行うなら機械にも注意

メンズリゼ 口コミ

メンズ永久脱毛で上腕・うなじ・背中・おしり等のやや増毛化や硬毛化が出やすい部位を脱毛したいときは、できればメディオスターやライトシェアデュエットで対応してくれる機関を選びましょう。

ジェントルレーズ(アレキサンドライトによる脱毛)はレーザーの照射深度が浅くダイオードレーザーのメディオスターやライトシェアデュエットと比較すると、硬毛化や増毛化が起きやすいみたいです。そう考えると医療脱毛を選んだ方が確実。

必ずカウンセリング時にどの機械で施術してくれるのか説明してくれるクリニックで受けるようにしましょう。

硬毛に対応してくれるクリニックを選ぶ

硬毛や増毛の対処法としては【レーザーの熱量を変える】、【違う機械で脱毛する】のどちらかです。メンズリゼのスタッフは体験談や口コミを見ていても、丁寧に対応してくれるみたいなので安心できます。経験値も高いので的確に動いてくれるはずです。

二の腕(上腕)や背中、うなじ、おしりの永久脱毛を考えている男性は、硬毛化のリスクも説明して保証も万全なクリニックで受けるのがベストです。

少なくともエステ脱毛では施術者がしっかりと判断できる…とは思いますが、エステ脱毛で増毛化してしまい結局なかなか治らず、途中から医療脱毛に切り替える人もいます。増毛化などの心配がある部位を脱毛する際は医療従事者がかならず常駐している医療レーザー脱毛を選ぶといいですね。